山梨県曽根丘陵公園(山梨県南都留郡鳴沢村)

 甲斐風土記の丘


八雲立つ風土記の丘にある古墳 / houroumono

山梨県曽根丘陵公園は山梨県甲府市下向山町にある中央道甲府南インター近くの国道358号線沿いの県立公園です。別名「甲斐風土記の丘」。花の広場、展望広場、ふれあい広場、歴史植物園、日本庭園、バーベキュー場、テニスコートの施設の他、園内に県立考古博物館があります。曽根丘陵はかつて古代文明が栄えた一体で遺跡や古墳が発見されており、園内にも県内最大の甲斐銚子塚古墳や丸山塚古墳がある。考古博物館は1982年に開館。旧石器時代の石器、縄文土器、弥生土器から甲府城の出土品など、主に山梨県内で発掘された幅広い年代の資料が展示されています。

 

風土記の丘研修センター

また、博物館付属施設の「風土記の丘研修センター」では火起こし、勾玉作り、土器作りなどの各種体験や考古学を中心とした各種講演会場としても利用されています。遺跡、古墳、そして博物館もある由緒正しい公園なのですが子供向けのアスレチック遊具などが数多く揃った遊具広場で家族皆で楽しく遊ぶ事もできます。展望広場からは甲府盆地が一望でき、散策コースも整備されているのでゆったりとした時間を過ごす事ができます。駐車場は無料で280台が収容可能。

ルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA