富士スバルライン

富士山五合目までの山岳有料道路

「富士スバルライン」は山梨県南都留郡富士河口湖町から標高2,305mの富士山五合目までの約30kmの山岳有料道路です。所要時間は約40分。利用料金は普通車が往復で2,000円。「富士スバルライン」の名称は全国から公募で選ばれて付けられました。正式名称は「富士山有料道路」で、1964年(昭和39年)に開通、現在は山梨県道路公社が運営しています。五合目の駐車場からは富士五湖、南アルプス、八ヶ岳、秩父山地を見渡す事ができます。


富士スバルライン(富士山登山2009) Climbing Mt.Fuji / jetalone

 

夏季のマイカー規制


富士スバルライン新五合目(富士山登山2009) Climbing Mt.Fuji / jetalone

夏季は富士山の環境保護と交通渋滞を防ぐ為に富士宮側の「富士山スカイライン」と同様にマイカー規制を行っています。マイカー規制中はバス、タクシー、自転車、緊急車両などしか通行できないので、一般者はタクシー又はシャトルバスを利用する事になります。尚、道路区間にはガソリンスタンドがないので必ず十分な燃料を入れてから登る事が必要です。

 

冬季も通行可能

また、富士スバルラインは積雪等による路面状況により通行が制限される場合もあります。有料道路なので道路整備はされていますが、あまりに天候が悪い場合には通行止めになったり二合目までしか行けなかったりする場合もあります。道路自体が封鎖されることもあり、その場合は料金所から先には行く事ができません。天候は日々変わりますし、道路状況も日々変わる為に、その都度確認する必要があります。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA