裾野市名物「すその水ギョーザ」

静岡県裾野市のご当地グルメ

静岡県裾野市のご当地グルメ「すその水ギョーザ」は裾野市の特産品のモロヘイヤを餃子の皮に練り込み、キャベツ、豚肉、ニラ、裾野産の茶葉を具にして作った餃子です。モロヘイヤが練りこまれた皮は緑色で厚めに練られているのでモチモチした食感です。裾野市商工会が地元の活性化を目指して2006年より普及活動を進めてきたご当地グルメです。裾野市は餃子を扱う飲食店が日本で一、二を争う程多く、家庭での冷凍餃子の消費量も多い事で有名です。平成19年の第2回B級グルメグランプリでは第4位に入賞、第3回と第4回では6位となり、「すその水ギョーザ」の名を一躍高めました。

yun_10016

 

モロヘイヤ使用のヘルシーな水餃子

餃子といえば宇都宮餃子と浜松餃子が有名ですが、「すその水ギョーザ」は両者と異なりモロヘイヤや茶葉を使いしかも油を使わない水餃子というヘルシーでオリジナルな餃子です。裾野市は昔から稲作の転作物としてモロヘイヤの栽培が盛んで、ビタミンやミネラルが豊富なモロヘイヤを餃子に入れる事でヘルシーさと裾野市の独自性をアピールしています。又、クセもなく油を使わないので女性にも人気があります。

 

店独自のバラエティ豊かな味付け

水餃子なので餃子そのものだけでなくスープの具材も味もバラエティに富んでいます。しめじ、春雨、ねぎなどを入れた中華風のスープが基本ですが、和風スープやチゲ鍋風のスープがあったりと店ごとにバラエティに富んでいます。又、スープや鍋に入れるだけでなく、すその水餃子入りのラーメンなどジャンルを問わず様々な料理に利用されています。


水餃子 / monoprixgourmet_bis

 

裾野市全域で50店以上の取り扱い

「すその水ギョーザ倶楽部公式HP」にはすその水ギョーザを扱っている加盟店MAPが掲載されています。倶楽部発足当初は数店にしか過ぎませんでしたが、今では裾野市全域で50店舗を超えるまでになりました。食堂、ラーメン店、焼肉店、カフェ、居酒屋、スナック、スーパー、JA、惣菜店、旅館などジャンルを問わずあらゆる場所で扱っています。

 

マスコットキャラクター「すぅちゃん」

「すその水ギョーザ」のマスコットキャラクターは裾野市のすと水餃子のすをとって「すぅちゃん」と名づけられました。薄緑色の餃子の形をした頭のかわいいキャラクターで体も薄緑色になっており、お腹にはモロヘイヤの葉、背中には富士山の絵が描かれたマントを羽織っています。平成20年10月22日生まれ。出身地は静岡県裾野市深良、裾野市商工会館。2011年裾野市制40周年記念式典で裾野市PR大使に任命され、現在は主に「すその水ギョーザ」と裾野市の広報活動をしています。「すぅちゃん」オリジナルグッズも好評で、缶バッジ、携帯ストラップ、飴が市内の「すその水ギョーザ」取扱店で販売されています。

 

冷凍「すその水ギョーザ」持ち帰りセット

現地で出来たての「すその水ギョーザ」を食べるのにこした事はありませんが、冷凍のお持ち帰りセットを購入して自宅で食べるのもおすすめです。すその水ギョーザ倶楽部のHPには水ギョーザの販売店が掲載されていますし、一部ではネット販売もしています。冷凍の水餃子500g程度とスープが付いて大体千円程度(送料別)です。沸騰したお湯に4分温めるだけで出来上がりですので、付属の粉末スープを使えば簡単に「すその水ギョーザ」を食べる事ができます。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA