アサギリ高原パラグライダースクール(静岡県富士宮市根原)

「パラグライダー」の定義

静岡県富士宮市根原の朝霧高原には「アサギリパラグライダースクール」があります。まず、「パラグライダー」といわれてもピンと来ない方が多いと思いますので、定義から説明しましょう。「パラグライダー」は「パラシュート」と「ハンググライダー」の機能を併せ持つ装置もしくはスカイスポーツです。パラシュートは傘を広げて空中を自由落下しますが、ハンググライダーは三角形の翼で上昇気流を捉えて滑空します。ですから、パラグライダーは扇形の傘でパラシュートの様に落下速度を落として降下しつつも、グライダーの様に傘の左右の部分を操作して方向変換したり上昇気流を捕まえる事もできる機体なのです。パラシュート、パラグライダー、ハンググライダーのどれが一番難しいかといえば条件にもよるのですが、一般的には後者になるほど技術がいるともいわれています。

 

初心者向けの体験フライト


パラグライダー / Matsukin

そんな敷居が高いと感じられるパラグライダーですが、アサギリ高原パラグライダースクールでは全くの初心者でもパラグライダーの魅力を味わってもらうために「体験フライト」を実施しています。山の上に上って標高千メートルから飛び立つといった本格的なものではなく、スクール内にある高度差わずか22mの練習場でパラグライダーの初心者体験ができます。初めてのパラグライダー体験に皆衝撃を覚え、わずかな時間でもさながら空中を散歩している気分を味わえます。富士山を見ながら朝霧高原の大自然の中で鳥と同じ気分を味わえると思うと、あっという間にパラグライダーの虜になってしまうでしょう。

 

二人乗りの「タンデムフライト」

そんなパラグライダーの魅力に取り付かれた方には、「体験のフライト」に加えて「タンデムフライト」コースの利用がオススメです。「タンデムフライト」はベテランのパイロットと二人乗りでフライトするので、初心者の方でも気軽に体験できます。山に登って飛ぶには相当の技術が必要ですが、本格的なパラグライダーを早く味わってみたいという方はぜひ「タンデムフライト」を利用してみましょう。パラグライダーの操縦は全てベテランのパイロットがしてくれるので、貴方は身を委ねていれば大丈夫です。

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA