冬季はなるべく脇道に入らない

roa_00013

脇道は路面が凍結

冬季に富士山周辺の道路を走行する場合はなるべくわき道に入らない事が大切です。なぜなら、わき道は除雪されていない場合が多く、日が当たらない箇所では路面が凍結しているからです。

 

国道と脇道の除雪

富士山を一周する本線の国道は国土交通省の管轄なので、雪が降れば優先的に除雪されるので、路面状態はそれほど悪くありません。だからといって国道の本線から外れたわき道に入ってしまうと同じ様に除雪はされておらず、見事にはまってしまう場合があるのです。国道には何も雪がなくてたかをくくっていても、わき道に入った途端に道路がグシャッていたという事は良くあることです。国道に雪がなく凍結していなくても、道路脇に雪が残っているような場合は、わき道が凍結しているかもしれない事を頭に入れておいた方が良いと思います。もちろん、これは相対的にわき道が危険である事を述べているのであって、わき道が必ず危険であると述べているわけではありません。

 

融雪剤の散布

通常、除雪作業では氷点下でも凍結しない融雪剤を散布するので、融雪剤を十分に撒かれた道路は凍結しにくくなります。完全に除雪され凍結していない道路ならノーマルタイヤでも走行できますが、日陰が多くて融雪剤も撒かれていないわき道では完全にスリップしてしまいます。

 

なるべく脇道を通らない

いくらわき道が危険だといってもどうしても通らなければ目的地に辿り着けない場合があります。どうしてもわき道を走行せざるを得ないのであれば、国道など路面状態が良い道路を最大限利用してわき道の距離を少なくする事が肝要です。回り道になってもできるだけ路面状態が良い道路を通っていけば、危険を最小限にとどめる事ができるはずです。

それでもどうしても路面状態が悪ければ時には引き返す勇気も必要です。わき道を走る距離を最小限にしたとしても、その最小限の距離の道路が完全に凍結していたとすれば結局危険な事には変わりありません。冷静に考えて他に経路がないかとか、予定を変更できないかなど柔軟に対応しましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA