山梨県南都留郡鳴沢村「道の駅なるさわ」

image20133711

(画像提供:「富士山の無料写真素材集」

山梨県南都留郡鳴沢村の国道139号線沿いには「道の駅なるさわ」があります。「道の駅なるさわ」には物産館、食堂、情報コーナーなどがありますが、道の駅ならではの地元の名物が盛りだくさんです。ぜいたくな高級料理を食べたいというセレブな方にはあまり興味がないかもしれませんが、地元のおいしいものをリーズナブルに食べたいというなら道の駅なるさわの食堂がオススメです。食堂にはいろんなメニューがあるのですが、管理人がオススメなのが「きのこそば」でしょうか。たしか350円くらいだったと思います。素朴な味ですが、食堂から富士山を眺めるのもまた格別です。他にも天ぷら、月見など、そばもうどんもありますが、どれも300円~400円程度で財布に優しいメニューです。

 

物産館の「蒸かしまんじゅう」

さて、食堂でおそばを食べても足りないのなら、隣の物産館で「蒸かしまんじゅう」はいかがでしょうか。管理人も何度も購入しているのですが、物産館の入口付近で色とりどりのお饅頭を販売しています。たしか税込105円だったと思いますが、よもぎ、とうもろこし、紫いも、黒糖まんじゅうなど種類が豊富です。よもぎや黒糖のまんじゅうはおなじみですが、とうもろこしや紫いもなど珍しいまんじゅうはおすすめです。どれもモッチリしていてそのまま食べても美味しいのですが、蒸かしまんじゅうなのでレンジでチンすれば一層美味しく食べる事ができます。とうもろこしまんじゅうは黄色で紫芋まんじゅうは紫色と鮮やかな色なので、珍しいお土産としても重宝するのではないでしょうか。もちろん物産館では他にも信玄餅などの山梨県の土産物や地元の野菜も販売していますので、じっくり気に入ったものを探してみてはいかがでしょうか。

ルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA