「富士宮やきそば」について

全国区で有名になった「富士宮やきそば」

「富士宮やきそば」は富士山麓、静岡県富士宮市の名物です。テレビや雑誌等で頻繁に取り上げられ、今では全国的に知られるまでになりました。地元富士宮の人達にとっては普段何気なく食べていたやきそばなのですが、突然注目される様になり一気に知名度を上げました。地元の人にとってはこれが普通だと思っていたやきそばが、実は他地域では特異なやきそばだったのです。

「富士宮やきそば」の最大の特徴は「コシのある麺」と「ダシの決め手になる肉かす」ですが、これが全国では珍しいと評判になり連日マスコミで報道される事となったのです。もちろん、その美味しさも際立っていた事から観光客も「富士宮やきそば」を目当てに富士宮を訪れるまでになりました。観光旅行、グルメ雑誌では「富士宮やきそば」の特集が組まれ、そのおいしさや特徴、さらにはおすすめの店まで紹介されるようになりました。日本一のB級グルメを決める「B1グランプリ」でも2年連続優勝した実力の名品です。今話題の「富士宮やきそば」をぜひ味わってみて下さい。

B級グランプリ王者「富士宮やきそば」

B級グルメの先駆者といえば「富士宮やきそば」ですが、今ではすっかりB級グルメも定着しました。B級グルメグランプリでも初回、第2回とグランプリを獲得し、全国的にも知られるようになりました。

By: ume-y

地元民の普段食の「富士宮やきそば」

さて、B級グルメもすっかり定着し回を重ねてきた事もあり、富士宮やきそばの当初のブームもだいぶ落ち着いた感があります。それでも一時的な熱狂ブームが去ったからといって、地元の人にとってはあまり変わりはないようです。商売として店を出してたり麺を作っている業者には影響あるのかもしれませんが、ブームがあろうとなかろうと地元の人にとっては普段から消費しているのが「富士宮やきそば」だからです。さらには地元の人にとってはわざわざ「富士宮」をつけずに、単なる「やきそば」に過ぎません。普段から食べている「やきそば」がたまたま他と違っていたという事なのでしょう。

 

地元民に愛されるB級グルメ

これは別に「富士宮やきそば」に限らず、「吉田のうどん」「みしまコロッケ」などにも同じ事がいえるのではないでしょうか。地元で何気なく食べられていた料理がB級グルメとして掘り起こされたという事でしょう。吉田のうどんはとっても歯ごたえのある麺が地元で当たり前に食べられているし、三島コロッケは地元で生産量が多いじゃがいもをコロッケとして食べていたという事です。このようにB級グルメとは元々地元に根付いている料理や食材を生かしたもので、地元に何かしら関係のあるグルメといえます。逆に地元に関係のなかったり地元民に愛されてないグルメはB級グルメとしてのブランド確立は難しいのではないでしょうか。

 

150軒以上の焼きそば店


富士宮やきそば支援! / Norio.NAKAYAMA

「富士宮やきそば」は富士宮市内の150軒以上の店で食べる事ができます。それぞれ店も特徴があるのでどの店が良いとはいえないのですが、標準的な「富士宮やきそば」が食べたいなら、富士山本宮浅間大社前のお宮横丁にある富士宮焼きそば学会運営のやきそば店がオススメです。学会運営の店ですので、公認の本場のやきそばを食べる事ができます。

関連記事: 「富士宮やきそば」の作り方

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA