身延山

日蓮宗総本山「身延山久遠寺」

身延山は山梨県南巨摩郡身延町と早川町の境にある標高1153mの山で、日蓮宗総本山の身延山久遠寺が標高400m程にあります。身延山には日蓮宗総本山としての久遠寺だけでなく、境内には樹齢400年を超える高さ15mのしだれ桜、参道には天然記念物の千年杉、そして山頂より「関東の冨士見百景」といわれる絶景など魅力的な場所が多く、参拝客のみならず観光客も多数訪れる名所として知られています。


身延山久遠寺 / NanakoT

 

身延山頂の展望台

又、3月中旬と10月上旬の年2回の数日だけ身延山の山頂からダイヤモンド冨士が見えます。山頂には奥の院と3つの展望台があり、西側展望台からは七面山、早川渓谷、北側展望台からは南アルプスや甲府盆地を一望できます。 

 

身延山ロープウェイ

山頂へはロープウェイで行くことが可能で、標高差763mを約7分間で登る空中散歩が楽しめます。山頂の南側展望台からは富士山はもとより、天気が良ければ駿河湾や伊豆半島まで見渡す事ができます。身延山ロープウェイは山麓の久遠寺駅から山頂の奥之院駅を運行する。利用料金は大人(中学生以上)片道680円、往復1,250円、小人(4歳~小学生)片道340円、往復630円。


(c) .foto project
身延山のしだれ桜

sak_003

身延山久遠寺のホームページでは境内の様子をライブカメラで公開しており、本堂や五重塔だけでなく、春の時期にはしだれ桜の開花状況を確認する事もできます。身延山のしだれ桜は全国しだれ桜10選にも選ばれ、久遠寺周辺は日本さくらの名所百選にも選ばれています。毎年の見頃は3月下旬から4月上旬ですが、久遠寺のHPやライブカメラ又は身延町観光協会等で開花状況を確認できます。

画像提供:フリー素材屋Hoshino

ルートを検索
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA